オーストリア航空(OS)は2016年9月4日の成田発ウィーン行き便を最後に、
日本路線から撤退すると発表した。
OSは1989年から成田/ウィーン線を運航しており、16年夏ダイヤでは1日1便で
運航している。

OS日本支社によれば撤退の理由は「より高い収益性を見込める路線で機材を
有効活用することにより、企業として健全な財務状況を維持することが
必要不可欠との結論に至った」ため。
OS本社が発表したプレスリリースでは、理由として円安の継続や日本の景気の
低迷、価格競争の激化などを挙げ「日本路線はOSにとって不採算路線になった」
と説明している。

OSでは成田線の運航を停止する一方、中国市場の成長を踏まえて中国路線を
増加する方針。4月4日から上海(浦東)/ウィーン線の運航を週5便で開始し、
5月1日からはデイリー化する。
さらに、9月5日からは香港/ウィーン線に週5便で就航する予定だ。
OSはそのほか、アジア/ウィーン間についてはバンコクから週7便、
北京から週5便、カザフスタンのアスタナから週3便を運航している。

関連記事:

    None Found