フィリピンで使われる言語はタガログ語ですが、英語は第2公用語として
広く日常に使われています。
現在フィリピンは、米国企業のコールセンターのアウトソーシング先として
ダバオ・セブ・マニラ等に委託先を持っています。
コールセンターで働くフィリピン人スタッフは、世界各国からかかる
電話の問い合わせに対して、どんな訛りのある英語にも瞬時に対応する
能力の高さを持っているといいます。

今回ご紹介するのは、セブ島にある日本人経営の学校 [ IDEA ] です。
経営は日本ですが、勿論教えるのは日本人ではありません。
なぜ、あえて日本人経営の語学学校か。
現在の日本での教育システムに適したプログラム、そして
何が日本人に足りないのかを、よく理解しているからこその
プログラムをご提供出来るという点は、この学院が自信を持って
日本人の方をお迎えする理由の1つです。
日本人の方が不得意な、話す・聞くを徹底して学習。
特にこの力は、これからの日本社会でも大きく求められる力です。
受験に、就職に、読み書きに加えて英語でコミニケーションを
取れる人材が必要とされます。

若き働き手を迎え育成して行く、既に社会に出て働いている大人達にも
その能力は求められるものとなります。
ビジネス英語学ぶ、短期のカリキュラムでもう一歩ステップアップ
してみませんか?

既にリタイアをした方からは、机上の勉強でなく生きた英語
つまりコミニケーションを取れる英語が学びたいという
お声をいただきます。
試験を受ける訳ではないので、楽しく学びたい、話す・聞くという
事が今よりも出来るようになる事で、第2の人生を今まで知り合う事の
なかった人たちと交流して、豊かなものにしたい。
そんな願いが、自分の為に使える時間が出来た時に心に浮かぶようです。
受験・就職・ビジネスといった、スパルタ式のカリキュラムではない
特別カリキュラムも、お作りする事が出来ます。
ブラッシュアップからスタートする第2の人生、素敵ですね。

IDEA 総合案内   IDEACEBU (1)

IDEA 総合案内(料金) IDEACEBU_price (1)

IDEA ビジネスイングリッシュ Business-English

[例] ブラッシュアップ・セブ(数名でご参加ご希望の方の日程例です) brush-up

関連記事:

    None Found